中古マンション、注文住宅購入に関する経歴について


住宅の経歴

これからマイホームに関する情報を発信していく上で、まずはまずは私の住宅(引越し)経歴をご紹介します。

4歳 実家で新築を建て引越し(一戸建て)
18歳 上京して記憶にある初めての引越し(社宅)
20歳 2度目の引越し(賃貸アパート)
24歳 結婚による3度目の引越し(賃貸アパート)
26歳 4度目の引越し(特優賃マンション)
28歳 5度目の引越し(中古マンション)
32歳 6度目の引越し(賃貸アパート)
33歳 7度目の引越し(一戸建て)
現在に至る

引越し多いですね。4歳の引越しは私の引越しといえるかわかりませんが、書いていて18歳が初めてじゃないなと思ったので(笑)
28歳で夢のマイホームを購入し、もう引越しすることはないと思っていたのですが、まさかのラストワンがありました。さすがにもう無いと思います。

マイホーム購入のきっかけ ~マンション編~

4度目の引越し先で特優賃のマンションは当時築5年と築浅でオートロックに宅配ボックスまであり、かつ駅近徒歩3分という超優良物件でした。特優賃であるため、近隣の同レベルの賃貸マンションの相場より家賃が安く、これまで引越しばかりしていたこともあり、しばらくはここに住むんだと思っていました。
しかし、当時(現在もですが)は夫婦共働きだったため、世帯年収に合わせて家賃のランクが上がり、近隣マンションの相場とほぼ同様の金額に。最終的な家賃は管理費込で13万円を超え、特優賃の恩恵をほとんど受けられない状況になってしまいました。
※特優賃:特定優良賃貸住宅の略で年収に応じて家賃が決まるシステムになっています。

家賃13万円を払い続けるのは勿体なさすぎる!
ということでどうせなら購入も視野に入れて検討してみようとなったわけです。

マイホーム購入のきっかけ ~戸建て編~

5度目の引越し先で夢のマイホームとなったのは中古マンションでした。築30年を過ぎた古いマンションではありましたが、内装はほぼフルリフォームに近く手を入れ、その出来はとても気に入っていました。特にキッチンを大きく変更し対面式にしたことやお風呂の内装もこだわってかっこよくしたところですね。マンションの立地的にも特優賃マンションには劣りますがそれでも駅徒歩8分、さらにマンション周辺にはセブンイレブンもガストもラーメン屋も寿司屋もすき屋も他にもいろいろある!小学校も近い!公園も近い!とかなり良かったんです。
ですが、このように恵まれた環境においても戸建てを意識し始めたのは、子供の二人目、三人目の誕生に加え、かつすくすくと「とても」元気な子に育ってくれたため、やはり共同住宅でよくある騒音(周りにかける迷惑)が気になりだしたこと、加えて親との同居があり手狭になってきたことがあったためです。そして実現可能かも含めて戸建て計画の検討を開始しました。

次回以降は中古マンション購入に関する記事や戸建て購入に関する記事を書いていこうと思います。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。